健康的に長生きしたいなら水素水を毎日飲もう

水素が体に良い訳

水

最も効果の高い抗酸化物質

水素水が体によいことはよく知られていますが、水素水を飲むことで何がどのように作用して体に好影響を与えているかはあまり知られていません。水素水に含まれる水素が何故体に良い効果を与えるかを説明します。水素はこの宇宙に最も多く存在する物質で最も小さい物質としても知られています。理科の実験で水素と酸素が結びつくと水になることを知っている人も多いことでしょう。活性酸素が体の老化を進めていることも有名な話です。また活性酸素は体のほとんどの病気や不調の原因になり、活性酸素のたまったところが病気になるともいわれています。水素は活性酸素と結び付くことによって無害な水に変わります。この反応が水素水を飲むと体内で起きているのです。活性酸素を取り除く物質はビタミンCやE、β−カロチンなどが知られていますが、水素は全ての抗酸化物質の中で最も作業が早く、分子量が小さいため体内のどんあ小さな隙間にも入りこめるため体の隅々まで効果が行きわたります。活性酸素は全て悪者扱いされていますが、実は善玉の活性酸素もあるのです。善玉の活性酸素の代表として過酸化水素があげられますが、こちらは体内の細菌防御システムのひとつとして働いています。水素は善玉の活性酸素とは結びつかずに、悪玉の活性酸素とのみ結びつく働きがあります。水素水を過剰接すしたとしても、過剰な水や水素は尿や呼気として排出されるため体に悪影響を与えることは全くありません。上手に水素水を使って、健康な生活を送るようにしてください。